大阪府高槻市のピアノ教室 - 小さなお子様から、初心者の方、音大受験生、大人の方まで丁寧に指導しています。

高槻市のピアノ教室 - 関井直子ピアノ教室

~腱鞘炎について~

      2012/06/21

今日、腱鞘炎になられた方から、レッスンの申し込みがありました。

腱鞘炎と言っても、軽いのから重い(痛くて、全くピアノが弾けない状態)まで

様々です。

重い場合は、ピアノを弾くのをやめて、整骨院に行かれて

しばらく様子をみてください。

腱鞘炎の辛さは、なった人にしかわからない辛さがあります。

実は、私もなった事があるのです。

一般的に握力の弱い方に多いように思います。

それと、ピアノを習い始めた時から、正しいテクニックで教わらなかった時に

起こります。

私は、2000年にロシアのサンクトペテルブルグ音楽院のY教授(世界中を

まわられ、腱鞘炎の方を治され、心理学の勉強もされています)を

紹介していただき、約3年間ピアノの演奏方法を習いました。

私の演奏方法を全て変えていただきました。

そのお陰で、ピアノが楽に弾けるようになり、音も変わり、

いい音が出るようになりました。

クラシック発祥の地、ヨーロッパ、ロシア等諸外国では、

ピアノの習い始めから、脱力、正しいテクニックを習いますが、

日本では、まだまだその点が、未発達で、脱力、正しいテクニックを

教える事ができる方は、少ないように思います。

小さい時から、きちんとした正しいテクニックを習っておかないと、

のちのち、腱鞘炎になったり、手や腕を痛めかねません。

これは、曲が難しくなればなるほど、実感されることだと思います。

先にも書きましたが、お陰様で私は、正しいテクニックを習う機会を

得る事ができ、今にいたっています。

どうぞこれから、ピアノを習われる方、また習われて、腱鞘炎で

困っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、どうぞ家に一度、

レッスンに来られませんか。

正しいテクニックを身に付けていただきたいと切に願います。

 - レッスン記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
~新しい生徒さんのK氏~

今日は、新しい生徒さん、K氏がレッスンに来られました。 礼儀正しい、とても真面目 …

no image
~年中のLちゃんのレッスン~

年中のLちゃん、今日も元気にレッスンに来てくれました。 最初のごあいさつ「よろし …

no image
~大人の生徒さん、Mさんのレッスン~

1回目のレッスンが終わったMさんは、とてもお若いお嬢さんです。 小さい時に、エレ …

ヴァイオリンの合わせをしました!

今日は発表会でヴァイオリンの久津那先生とのアンサンブルの予行練習をしました。 ( …

no image
~年中Lちゃんのレッスン~

年中のLちゃんは、今ブルグミュラーの「バラード」を練習されています。 先週、とて …

~おめでとう!!!小1Mちゃん~

昨年12月から、レッスンにお越しの小1のMちゃんが、お家のおけいこ、1000回を …

no image
~大人の生徒さんの脱力~

家に最初、お越しの大人の生徒さんは、腱鞘炎で包丁も持てないくらいひどい、状態でし …

グランドピアノでの練習は、やはりすごい!

この冬休みの間、お母様のご実家に帰省され毎日グランドピアノで練習されたIさんの3 …

no image
~ジャズシンガーSさんのレッスン~

今日は、Sさんのレッスンでしたが、Sさんも毎日、 よく練習されているのがわかりま …

no image
~今年のピアノ発表会~

昨年は、桐朋の先生方とご一緒に、3月に大阪倶楽部で、させて頂きましたが、 今年は …