大阪府高槻市のピアノ教室 - 小さなお子様から、初心者の方、音大受験生、大人の方まで丁寧に指導しています。

高槻市のピアノ教室 - 関井直子ピアノ教室

~調号について~

      2017/08/27

今日から、何回かに分けて、調号について書きたいと思います。

何故調号が大切かと言いますと、生徒さん達が大きくなってきて、

絶対音感を終わられましたら、聴音を始めています。

その時、調号がわからないと、聴音が前に進まないからです。

調号を学ぶのには、ハノンの39番にあります、音階(スケール)を

弾いて頂いております。

調号について

私達、音大卒業生は、日本語よりドイツ語で調号を言っています。

一番最初の調号が全くないのは、ハ長調→C durと言います。

これから、C durと書いていきます。

その短3度下は、平行調のa mollになります。

そして、完全4度上の♭1つは、F durになります。

平行調は、短3下のd mollになります。

その上、完全4度上の♭2つは、B dur 平行調は、g moll、♭3つは、Es dur 平行調は、c moll

になります。

その後も完全4度上にしていきますと、♭4つでAs dur、完全4度上はDes dur♭5つ、完全4度上は

Des dur♭6になります。

では、次にC durの完全5度上は、♯1つでG dur 、その完全5度上は、♯2つでD dur、

完全5度上は、♯3つでA dur、完全5度上は、♯4つでE dur、完全5度上は、♯5つで

H durになります。

今日は、主な調号を書いてみました。

このハノン39のスケールを練習されますと、聴音する時、例えばG durと言っただけで、

ファに♯が1つつくとすぐに分かるようになります。

次回は、durとmollの見分け方、その次は、バッハ・インヴェンションを使い、

何調かの見分け方を書きたいと思います。

このようなお勉強は楽典(がくてん)と言いますが、勉強すればするほど、楽しく、

音楽の奥深さを発見できます。

それでは、次回は、durとmollの見分け方を書きたいと思います!

 

 

 

 

 - ピアノ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

~生徒さん達から~

最近、良く生徒さん達から、プレゼントを頂きます。 絵は、家のお教室に入られて、左 …

~連弾の合わせ~

今日は、京都にお住まいのピアニスト藤島啓子先生のお宅に、連弾の合わせを しに伺い …

no image
~連弾の魅力~

今日は、とてもいいお天気でした。 ここの所、毎日雨が降っていたので、久しぶりのお …

お宝!ゲット!されました生徒さん達
~5月度のお宝!ゲットされました生徒さん達~

5月度のお宝、ゲットされました生徒さんのご紹介です~♡ ☆小1のHちゃん、600 …

6月度にお宝!ゲット!されました生徒さん達
~6月度にお宝!ゲット!されました生徒さん達~

大阪府高槻市の「関井直子ピアノ教室」です。 6月度のお宝!ゲット!されました生徒 …

~B-tech Japanの菊池和明さんに、ピアノの調律をして頂きました~

昨日になってしまいました。 昨年の12月にピアノが戻って来て、最後にピアノの調整 …

no image
~体験レッスンのお申し込みが、ぞくぞくと~

一時、レッスン時間に空きが無い状態でしたので、体験レッスンをストップして おりま …

~発表会の会場が、なかなか取れません~

今日も暑い一日でしたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。 私は、今年の発表会 …

~今年もありがとうございました!!!~

今年も後、1日となりました。 今年は、私にとりまして、充実した飛躍の年になりまし …

~年少さん、年中さんのパワーが凄い!~

今日ご紹介します年中さんのK君は、昨年(年少さん)の9月にお越しくださいました。 …