大阪府高槻市のピアノ教室 - 小さなお子様から、初心者の方、音大受験生、大人の方まで丁寧に指導しています。

高槻市のピアノ教室 - 関井直子ピアノ教室

~考え方の違い~

      2012/06/21

私のHPの講師紹介の所にも書いてあるように、音大卒業後、オーストリアの

ウィーン国立音楽大学にに留学しました。

入学試験も曲目が多く大変でしたが、入学してからも1回目のレッスンで弾けるように

していく。

2回目は、暗譜の繰り返しで、毎日何時間練習したか覚えていないくらい練習しました。

私のハンス・グラーフ先生のクラスは、オーストリア人、フランス人、アメリカ人、日本人と

いましたが、その中でフランスの男子生徒が、毎回大曲を暗譜で持っていくので、関心して

いました。

彼に思い切って、「どうして、あなたは、そんなに練習するのですか。」(ドイツ語)

と質問しました。

彼の答えは、「お金がもったないから。」(ドイツ語)私は、ビックリしました。

何かもっと重大な答えが帰ってくると思ったからです。

ウィーンの音大は、国立なので、半期で3~4万円払っていました。

日本の音大とは、比べようもないくらい安いのに、お金がもったいないから。

貪欲に学ぼう!という姿勢に私は圧倒されました。

日本人は、世界の中でも一番よく働くと聞いていましたが、

この男子生徒も、他の国の方も皆必死で練習していました。

先日、コンサートのあったベクテレフ先生も10時間練習されていると

聞きましたし、以前テレビで見たヨーロッパのバイオリンニストの方もコンサートのある日は、

朝起きたら、パジャマのままで、朝食前まで練習し、開演まで練習しています。

日本の音大は、入学するのが大変で入ってしまうと、あまり練習しなくなります。

しかし、外国では、入学試験も大変だし、入った後は、もっと大変でした。

どちらが、自分の為になるのかといったら、後者だとおもいますが、若いうちに

私は、日本を離れて、外国で生活される事をお勧めします。

国々の考え方の違いや、例えばウィーンなら、そこでクラシックが栄えた空気を吸いながら

生活ができると、何か目に見えない物を感じる事も出来ると思います。

面白かったのが、お国柄によって、同じベートヴェンでも違ったベートーヴェンが

できあがるのです。

アメリカの女子学生のベートーヴェンは、ショパンを思わせるような綺麗な

ベートーヴェンでした。

6年前に家族でヨーロッパ旅行をして、ウィーンにも寄りましたが、

機会があれば、もう一度、ウィーンで生活したいと心から思いました。

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ記事 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

調号について
~調号について~

今日から、何回かに分けて、調号について書きたいと思います。 何故調号が大切かと言 …

~小1のKちゃんのレッスンと音符カード~

5月下旬にオンラインレッスンで体験レッスンをして頂き、6月から対面レッスンにお越 …

no image
~石本さんのレッスン~

今日は、石本さんのレッスンでした。 頑張り屋の石本さん。 でも、ぴあの どりーむ …

小3のAちゃん、合唱の伴奏のオーディションを受けられます!

小3のAちゃんは、夏休み開けに小学校で合唱の伴奏のオーディションを受けられるので …

素敵な音色🎵

曲を作っていく上で、絶対かかせないのが、立つ良い音で弾く事! どんなに音楽性が豊 …

12月度のお宝!ゲット!の生徒さん達
~12月度のお宝!ゲット!の生徒さん達~

昨年の12月のお宝!ゲット!の生徒さん達のご紹介! ☆小1のR君、9000回おめ …

ピアノの湿気、温度変化の対策
~ピアノの湿気、温度変化対策~

今日は、ピアノの湿気、温度変化の対策について、お話しを書きたいと思います。 他の …

11月&12月のお宝!ゲット!の生徒さん達

11月度のお宝ゲットの生徒さんのご紹介 ☆小2のYちゃん、4000回おめでとう\ …

~藤 拓弘先生の新刊~

藤 拓弘先生の新刊「ピアノ教室が変わる」が、届きました。 待ちに待った、本です。 …

第18回ショパン国際コンクールが始まりました!

待ちに待ったショパン国際ピアノコンクールがいよいよワルシャワから始まりました。 …